いまドキは絶対リースでしょレンタル複合機

オフィスには絶対必要といっても過言では無いのが複合機です。非常に便利で多機能なこの機械は、オフィスを作るときには何らかの形で導入するのが一般的です。高価な精密機器ですので買取と言う形で導入する会社ばかりではありません。レンタルまたはリース等のような形で月々の支払いの契約を選択する会社も多く存在しています。このような月々の支払いに対して抵抗感を持っている人はまだ少なくありませんが、レンタル、またはリース契約の場合には購入してしまった場合には得ることのできない様々なメリットが存在している事はあまり広く知られていません。これから複合機を導入しようと考えているのであれば様々な要素を考えても購入するよりもレンタルまたはリース契約を結んだほうがお得であるといえます。レンタルが良いかリースが良いかはどのように使用するかによっても変わってきます。

購入すれば資産、リースにすれば経費

買い物する際に所有権を持ちたいと言うのは一般的な感覚としては間違ってはいません。しかしながら大きな買い物をする際には必ずしもメリットがあるわけでは無いのです。大きな価値のある機械類を導入する場合、そこには固定資産と言う概念が生まれます。ある程度の価値がある場合には固定資産税の対象となるということを知っておかなければなりません。しかしながらレンタルまたはリースと言う形で運用するのであれば、そこで必要となるお金は全て経費となります。個人の場合にはこの違いについてあまり意識することはありませんが、会社にとっては非常に大きな違いとなるのです。所有権を持たずに運用した方が様々なメリットを得ることができるためレンタルまたはリース契約の方が一般的には推奨されています。

レンタル契約とリース契約の選び方

複合機を導入する場合に購入するのでなければレンタル契約がリース契約のいずれかを選択することになります。非常に似ているもののように感じますが、レンタルの場合にはレンタル用に運用している複合機を借りる流れになりますし、リースの場合には新品を導入することになります。したがって長期間の運用を想定しているのであればリース契約の方がメリットが大きいといえます。もしも数ヶ月から1ヶ月程度の短期的な利用を想定している場合には、リース契約が高額になってしまうためレンタル契約にした方が良い場合が多いです。いずれの場合も所有権を持たないため税制面ではメリットがあります。一方故障時等の対応は非常に丁寧に行われますので、何かあったときにも充実したサポートを受けることができるので安心です。